盆栽 あると役立つ道具

盆栽管理の道具

盆栽を愉しむにあたってそれぞれの工程を効率よく行うようにするのは、
管理の上で大きな利点となります。
日々の手間が減れば、ちょっとした時間でも利用するができますし、
手間が減った分の時間を使えば、より細かく手を掛けることもできるようになります。

道具を揃えることが目的ではありませんが、
長く続けていくと道具も自然と増えていきます。
中には自分の手に合う、お気に入りのアイテムもあるはずです。

盆栽のツールボックスにお気に入りの道具が入っているのを見る、
それも楽しみ方の一つではありますよね。

― スポンサードリンク ―
― スポンサードリンク ―
盆栽道具

盆栽の見栄え

樹を管理する道具

盆栽を作っていく際に必要な道具は、盆栽の管理にも使えます。
ただ、よりよくしていこうとするなら、それぞれの作業に特化した道具があるといいですね。
専用の道具は各作業がやりやすいように形状を考えてあり、仕上がりもきれいにできます。

盆栽は見栄えも大切です。
ある程度の美意識でもって、鑑賞に堪えうる樹姿を整えていくのは盆栽人としての誇りでもありますからね。
自分ひとりで楽しむ樹であっても、自分なりに好きな姿に仕上げるために役立つのが、こういった道具です。

盆栽は手間をかけるほど愛着が沸いてきますし、見栄えもよくなってきます。
変に触らないほうがいい、という場面もあるかもしれませんが、
最低限の作業をスムーズに行う、というのが
ある意味、盆栽管理の真髄なのではないでしょうか。

役に立つ盆栽道具

又枝切り・根切り

剪定鋏は盆栽に不可欠な道具ですが、一口に剪定ばさみといってもその用途に応じていろいろな種類・形状があります。
先が細く、とがった形状はいろいろな場面で使いやすいのですが、時には入り組んだ場所の太い枝や根っこの底など、平らな面を平らに切り込みたい場合が出てきます。
そういったときに使いやすいのが又枝切り根切りといった鋏です。
ペンチで掴むような感覚で刃を入れることができ、必要な箇所を必要なだけ切り込むことができます。
刃も丈夫で、ある程度の太さの枝や根を切ることもできるので、作業の効率も良くなりますよ。

彫刻刀

切り目を入れる、あるいは削ぐ、剥ぐといった作業に使うのが彫刻刀です。
松柏盆栽などで神(ジン)や舎利(シャリ)を作る時に使います。
芽接ぎの際に、ナイフの変わりに使ってもいいかもしれません。

土入れ・スコップ

鉢に土を盛る際に、手だとどうしてもこぼれたりしてしまいますよね。
細かい部分に少しづつ土を入れたり、または化粧土を均等に撒きたい時などには土入れや小さめのスコップがあると捗ります。
入れる土の分量を量りながら入れられるのも利点ですね。
地植えの植物を掘り出すときにも、根を切りたくない所では手持ちのスコップがいいですよ。

名札

見てすぐ分かるような特徴のある樹はいいのですが、花物・実物で花や実がついてないとき、あるいは似た感じの樹種がいくつかあるときなどには名札をつけておけばすぐに分かります。
実生で育てる時にも、 「あれ、この鉢には何を植えたっけな?」
となることがよ〜くありますよね。
芽を出すまでに冬を二度越す樹もたくさんありますので、植えたときには名札を挿しておくようにしましょう。
マジックが消えてしまう場合もありますので、消えにくい工夫をしておくとよりいいかと思います。

ふるい

混ざってしまった大きなごろ石を抜きたいとき、または土が擦れて細かな粉状になった微塵を取り除きたいときにはふるいを使います。
土の水はけを改良する上で、用土の大きさはとても重要な要素です。
大きな粒子があれば水はすぐに抜けていきますし、微塵が多い土だと水を吸ったままで堅くなり、粘土状になってしまったりもします。
適度な保水、適度な水はけの用土が作れれば、樹は元気に成長していきます。

癒合剤

小枝の剪定ならそのままでもいいのですが、ある程度の太さの枝を切り落としたときには癒合剤を使って保護するのがおすすめです。
切った後がきれいに治るようにもなりますし、樹種によっては切った部分から枯れこんでしまうものもあります。
切断後の地肌を水や空気・虫などの浸入から守る、いわば絆創膏といった感じでしょうか。
一度にたくさんの量を使うものではありませんが、一つは準備しておくのが良いかと思います。

  • 基本の道具
  • 無くても良い道具
― スポンサードリンク ―