海棠の盆栽の育て方

海棠(かいどう)の盆栽

ピンク色のとてもかわいらしい花を、桜が咲き終わった4〜5月くらいに咲かせるのが海棠。
一重から半八重の花がまとまってつき、遠くから見てもとても見ごたえがあります。

中国が原産で、牡丹と並んで古くから愛されてきました。
日本には江戸時代の初期頃に入ってきたようで、美人の形容に使われる花でもあります。

盆栽として使われているのは主に花海棠と実海棠。
きれいな美人花を独り占めするもよし、見せびらかすもよし、
とても育てがいのある樹です。

― スポンサードリンク ―
― スポンサードリンク ―
カイドウの育て方

海棠(かいどう)って?

海棠(かいどう)の種類

日本で”カイドウ”といえば、今は主に花海棠のことを指します。
別名を「垂糸海棠(すいしかいどう)」ともいい、下向きに花が咲きことからそう呼ばれます。
古い時代には実海棠のことをカイドウと呼んでいました。
別名は「深山海棠(みやまかいどう)」で、上向きに花がつきます。その後に小さな果実がつき、食用にもできます。
花海棠にもごくまれに実が生るそうですが、ほとんどの場合は生りません。
他にも、花が折り重なって咲く八重咲きのものや、枝垂れるものもあります。

海棠(かいどう)の特徴

花海棠の花はピンク色の半八重、実海棠の花はやや白みが強い一重の花です。
どちらも非常に美しく、また桜と時期をずらして咲いてくれるのがうれしいですね。

庭に植えつけた場合でもそれほど背が高くならず、せいぜいで3〜5mほどです。
また、小枝が長く伸びやすい特徴があります。
盆栽のように鉢植えにするときには背を低く抑えたいところなので、時期を見てきちんと整枝の剪定をしておきたいですね。

海棠(かいどう)の盆栽の育て方

海棠(かいどう)の剪定

花芽は、前年に伸びた短い枝につきます。
なので、長く伸びる徒長枝は付け根側の3芽ほどを残して切るようにしましょう。
上向きや内側向きに出る枝もふところの日照を妨げますので整理します。
木の内側に光が射さないことも、花付が悪くなる要因になります。
落葉してから、樹姿を整える目的でも剪定を行いますが、このときは花芽を落としてしまわないように気をつけましょう。

海棠(かいどう)の植え替え

植え替えの適期は、葉を落とした休眠期です。
11月〜12月頃と、2月〜3月頃がいいかと思います。厳寒期は避けたほうが良さそうですね。

置き場所は日のよくあたる場所に。
日照が不足すると花がつきにくくなりますので、しっかりと日に当てられる場所を選びましょう。
耐寒性は強いので、冬の間も外で管理して大丈夫です。

海棠(かいどう)の潅水(水遣り)

表面が乾いたら鉢底から出るくらい水をあげます。
乾燥を嫌うようなので、乾ききらないように注意しましょう。
特に夏場は、日当たりと乾燥のバランスをとって複数回に分けて潅水するようにしましょう。

海棠(かいどう)の施肥

2月と8月に固形肥料を施します。
花後のお礼肥をあげてもいいかと思います。
盆栽用の玉肥で大丈夫ですが、窒素分が多くなりすぎると葉ばかりが茂って花がつきにくくなるので、カリやリン酸も配分されたものがいいです。

海棠(かいどう)の増やし方

花海棠は接ぎ木で増やすのが一般的です。
というのも、花海棠には実がつきにくいので実生がほとんどできないのです。
挿し木も発根率が悪く、ほとんど根付いてくれないようです。

一方、実海棠のほうは実が生るので種が取れます。
つまり、実生で増やせます。
ので、ぜひ。

― スポンサードリンク ―

お勧めの樹

  • 桜(さくら)
  • 山法師(やまぼうし)
  • 姫林檎(ひめりんご)