梅の盆栽の育て方

梅(うめ)の盆栽

桜とともに春を代表する花、梅。
咲く時期が少し早いことから、桜よりも梅の花に春を訪れを感じる、という人もいるはずです。

古くから日本で親しまれてきた歴史があり、
またその実を使っていろいろな食品も作られているので、非常になじみの深い植物の一つですよね。
梅干の味、と言われただけで口の中がすっぱくなる位、知られた樹です。

もちろん、盆栽の樹としても梅は有名です。
紅白に咲く花の色からも、縁起の良い樹として好まれて作られています。
新春を飾る梅の盆栽を、部屋や玄関に飾ってみませんか。

― スポンサードリンク ―
― スポンサードリンク ―
ウメの育て方

梅(うめ)って?

梅(うめ)の種類

梅、というとまず梅の実を思い浮かべるかもしれませんね。
実を食用にする梅は「実梅」と呼ばれていて、豊後系という品種群のものが主になります。
一方、花を鑑賞する目的で育てられるのが「花梅」。
野梅系と紅梅系があり、おおよそ300種を超えるとされる梅の品種もこの3系統のどれかに分類されます。

花の咲く時期や花の形、樹の姿等、いろいろと種類があるので選ぶのも大変かもしれません。
一重の白花のものが一番梅らしい感じもしますが、紅梅や八重咲き、枝垂れ梅も魅力的です。
できれば、花期の姿を確認して、気に入ったものを選ぶのが愛着もわきますし一番いいかと思います。

梅(うめ)の特徴

雪がまだ残っているようなうちにでも咲き始めるのが梅の花。
地植えの場合にはそれもまた風情なのですが、盆栽なら室内に取り込んで楽しむこともできます。
新春を彩る梅の花は、まさに梅の一番の特徴といえるのではないでしょうか。
しばらく堪能したら日当たりの良い場所に移してあげてくださいね。

梅には剪定が不可欠というのも特徴の一つ。
「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」ともいうように、梅は剪定をすることで枝が増え、花つきがよくなります。
花にはよい香りがあり、別名を「匂草(においぐさ)」ともいいますね。

耐寒性、耐暑性は強い樹ですが、品種によっては暖地を好むものもあるので、1度確認しておきましょう。

梅(うめ)の盆栽の育て方

梅(うめ)の剪定

花が咲き終わった後で、樹のバランス等を考えながら枝を切っていきます。
放任しておくとぐんぐん枝が伸び、どんどん樹形が乱れていきます。
枝を切ることで枝数が増え、花がたくさん付くようになりますので必ず剪定を行いましょう。
枝が密になれば樹形も複雑になり、花期じゃなくても観賞できる姿になっていきますよ。

枝を切るときには花芽のできる位置に注目です。
梅の花芽は枝元の2・3芽の位置につきますので、切るときにはそれを残すようにします。
切った後で伸びてくる2番目は樹勢を弱らせることもありますが、早い時期から伸びた芽なら力を蓄えて花芽をつけたりすることもありますので、バランスと勢いを見て切るか残すかを決めるといいかと思います。
徒長枝には花芽は付きませんので、葉を2枚ほど残してばっさりと。

梅(うめ)の植え替え

花を楽しんだ後で植え替えをおこないます。
若木は根が回るのが早いので1〜2年に1度、老木ならもう少し期間をあけても大丈夫です。
植え替えの際には長く伸びた根を切って、しっかりめに整理したほうがいいようです。
土には1割程度の腐葉土を加えると成長がよくなります。

置き場所は日当たりと通風のよいところに。
また、冬にはある程度寒さに当てられるところにおいて、開花を促してあげましょう。

梅(うめ)の潅水(水遣り)

過湿には少し弱いようなので、辛めの潅水がよさそうです。
土の表面が乾いたのを確認してから水をあげるくらいにしましょう。

梅(うめ)の施肥

花の咲く時期が過ぎた頃に肥料をあげましょう。
盆栽用の玉肥を鉢の上に数個置くようにして、形が崩れてきたら交換するようにします。
1・2度取り替えて、後は秋口に改めて施肥をするといいかと思います。

梅(うめ)の増やし方

挿し木と実生で増やすことができます。
挿し木をする場合は密封挿しにして、また古枝を使用すると成功率が高いようです。

実生の場合はまず種が必要。
花梅は、花が終わり頃になると花がらを摘んでしまうので、その後に実がなることがありません。
実梅なら種を手に入れる機会も多いので、寒くなる前に植えると冬を越えて芽が出るかもしれません。
完熟の前に採った種なら、殻を割って中身を植える方法もあります。
いわゆる「天神様」ですね。
植えたらお祈りしておきましょう。

― スポンサードリンク ―

お勧めの樹

  • 桜(さくら)
  • 皐月(さつき)
  • 海棠(かいどう)