黒松の盆栽の育て方

黒松(くろまつ)の盆栽

日本中、至るところで見ることができる松の木。庭木として、シンボルツリーとして、街路樹として、目にする機会は多いですよね。
古来から日本人に愛されている樹でもあり、また竹・梅とともに縁起の良い樹としてもしられています。
もちろん、盆栽としても愛され、重宝されています。

一般に「松」というとこの黒松か、あるいは赤松のことを指します。
他にも五葉松や蝦夷松、唐松、椴松がありますが、いずれも盆栽として育てられていますね。
それでも「盆栽」といえばこれ、というくらいに代表的な樹種が「黒松」です。
数も多く、気軽に手に入りますから、盆栽の初心者でもとっつきやすいのではないでしょうか。
そのまま長年手をかければ、圧倒的なまでの存在感を持つまでになりますよ。

― スポンサードリンク ―
― スポンサードリンク ―
黒松の育て方

黒松(くろまつ)って?

黒松(くろまつ)の特徴

松という樹については、きっと皆さんもご存知なことも多いかと思います。
常緑の針葉樹で針のようなつんつんとした葉がつきます。種は松笠(まつかさ)の中にできます。いわゆる松ぼっくりですね。
樹皮はがさがさと荒っぽく、幹はまっすぐというよりはねじれた姿が多いです。

そして、松の中でも黒松の特徴はというと、その荒れた幹と堅い葉、ねじれた樹姿と風格のあるいでたちから「男松(おまつ)」と呼ばれたりもします。一方、赤松は「女松(めまつ)」と呼ばれたりします。
そのままだと日本庭園の松のように大木になってしまうので、剪定などを繰り返して適度な大きさに、なおかつ日本画のように堂々とした印象を与える姿に育てていくのが黒松盆栽を育てる醍醐味です。
また、松の盆栽にはさまざまな盆栽作りの基本と技術が詰まっています。
育てていくうちに盆栽の見せ方も身についてくるかと思いますので、ぜひとも松の盆栽を一品育ててみましょう。

黒松(くろまつ)の盆栽の作り方

黒松(くろまつ)の剪定

黒松は生育旺盛な樹で、毎年5月頃になると緑色の新芽が伸びてきます。
これをそのままにせずに5芽くらいのところで折ってしまうのが「緑摘み」と呼ばれる作業です。
それから1ヵ月位すると新芽はしっかりと展開してきますので、今度はその新芽を切ってしまう「芽切り」という作業を行います。
こうすることで葉が間延びすることを抑え、かつ短葉のしまった松を作ることができます。
芽切りの際には、去年に延びた葉を調節する「古葉調整」も行いましょう。

8月頃になると、芽切りをした後から伸びた2番芽もある程度生えそろいます。
ここで行うのが「芽欠き」です。バランスを見て2芽くらいを残してあとの芽は欠きとってしまい、平均的な成長を促すものです。
そして、10月頃になると今度は「古葉刈り」を行います。古葉もみともいいます。根元にある残った古い葉をしごいて取ってしまうことで、樹の通風や採光のためには欠かせない作業になります。

忌み枝と呼ばれる姿を崩す枝は、成長が止まった時期に合わせて行いましょう。

以外にやることが多いようにも思えますが、慣れてくれば大丈夫。きれいな姿になるように、それぞれをしっかりと行いましょう。

黒松(くろまつ)の植え替え

適期は3月中旬〜4月頃です。
鉢から抜いた樹は根をほぐし、長く伸びた根は切り落として植え替えます。
若木なら2〜3年に1度、成木なら4〜5年に1度がいいかと思います。
黒松は枝や幹のほかに、土の表面に表れる根にも観賞価値があるといいます。「根張り」というやつで、大木のように地面に表れた根の張り具合を見せるものです。
放射状に広く伸びた根が理想で、植え替えはこの根張りを作る大事なチャンスです。
鑑賞のためにも、健康状態の把握のためにも、定期的に植え替えを行いましょう。

黒松(くろまつ)の潅水(水遣り)

水はたっぷりと与えます。随時水に浸かっているような極端な場合を除き、水のあげすぎで根が腐ることはないかと思いますので、土の表面が乾いたら鉢底から流れてくるまでしっかりと潅水しましょう。
逆に乾燥状態が長く続くと、若木などは枯れてしまうことがあるので気をつけましょう。

黒松(くろまつ)の施肥

玉肥を定期的にあげます。
肥料を好む樹種なので、1年を通して与えても大丈夫です。
あげないほうがいいのは植え替えをした後1週間の間くらいです。

量には多少強弱をつけたほうがいいようで、春を標準とすると夏は控えめに、秋には越冬の準備のためにしっかりと、冬には控えめにしてあげましょう。
それと、樹勢が弱いなぁというときには無理して肥料を詰め込まずに、間隔をあけて休ませてあげるのもいいかと思います。

黒松(くろまつ)の増やし方

主に実生で増やせます。
秋口に種を収穫できたらそれを取っておき、春先に植えれば数週間後に芽を出してくれます。植える前に湿らせて冷蔵庫に入れておくなどして休眠打破すると、発芽率が上がります。
品種ものや班の入ったものなどは、性質を受け継ぐために接ぎ木も利用されています。

― スポンサードリンク ―

お勧めの樹

  • 赤松(あかまつ)
  • 五葉松(ごようまつ)
  • 真柏(しんぱく)